アジア情報サービスは、アジアの政治・経済を中心に様々なトピックを取り扱っています。
インターネットの普及で、世界との距離は大いに縮まりました。
ビジネスチャンスはいくらでも転がっています。

メニュー一覧

















AGAとは

髪の毛の本数は生まれる前から決まっているって知ってましたか?
母親のお腹の中にいる胎児の時には決まっていて、
生まれた後に増える事はないそうです。

日本人の平均は10万本程度だと言われています。
生まれた後も髪の本数が変わらなければ、薄毛で悩む人もいなくなりますね。
薄毛には加齢によって起こるものとは別にAGAと呼ばれるものがあります。

このAGA、時々聞く言葉です。
AGAとは「Androgenetic Alopecia」の略称で、
日本では「男性型脱毛症」と言います。
これは「若年性脱毛症」と「壮年性脱毛症」を合わせた総称です。

「若年性脱毛症」とは、一般的には20代~30代で起こる脱毛症のことで、
早い人では10代で発症して悩む人もいるようです。
ハッキリとした原因は不明ですが、
一般的にはホルモンバランスの崩れとされています。

正しい治療を行えば、比較的早く症状が改善されることが多いようです。

「壮年性脱毛症」とは40代~50代で発症する脱毛症のことで、
前頭部や頭頂部から起こる薄毛や脱毛のことです。
何もしないでで放っておくとどんどん薄毛が進行します。

AGAは治療することで改善する事もありますが、
治療は開始してもすぐには効果は出ないです。
もし治療を考えている方がいるなら、出来るだけ早く、根気よく続けましょう。



[ Homepage ]