アジア情報サービスは、アジアの政治・経済を中心に様々なトピックを取り扱っています。
インターネットの普及で、世界との距離は大いに縮まりました。
ビジネスチャンスはいくらでも転がっています。

メニュー一覧

















FXでの目標値

FXをしているのであれば、
漠然と「儲けは多い方がいい」という気持ちでトレードするのではなく
「年利○%を目指す!」という、数値での明確な目標を決めた方が良いです。

なぜなら、明確な数値がある人ほど、
その場その場での判断がきちんとできるという科学的なデータもある上に、
損切りなどをする際の指標にもなるからです。

では、一体年利何%が適切な目標なのでしょうか?

答えから言うと「年利10%」が、ほとんどの人にとってぴったりの目標値です。

年利10%と聞くと、一見少ないように思えるかもしれません。
しかし、年利10%をキープするのはとても大変です。

「年利10%ってすごいの?」なんて言っている人は、計算してみてください。
仮に100万円を資本にFXを初め、毎年きちんと10%の年利を上げられたとしたら、
7年で資金がほぼ倍になります。

もし、勤め初めてから定年まで35年間きちんと運営したら、
100万円でスタートした資金は3千万円を超えます。

まずは年利10%を目標に、FXを頑張ってみましょう。

また、FXというと、一日中パソコンとにらめっこしなくてはならないというイメージがあります。
神経質になって、どんな変化も見逃さないように、瞬きもせず、
画面をじっと見続ける、そんなイメージでした。
どう考えてものんびりしたのが好きな私には合っていないと思い、
FXをやろうと思ったことはいままで一度もありませんでした。

ところが、FXをやってるのはそういう一日中張り付いているデイトレーダーと呼ばれる人たちだけではない??
それがスワップ金利を狙う、という手法なのです。

スワップ金利と言うのは外国のお金を買って持っている時に付く金利で、
いわば預金の利息のようなものなのです。

この方法であれば神経質に画面を一日中見続ける必要がなくなり、
また、現在ほとんどないと言ってもいいくらいである日本の銀行の利子よりは
多くもらえると言う事なのです。

このスワップ金利を狙うという方法は、
まさに私のような性格の人間の為にあるのではと思いました。
もうすこし詳しく情報を集めてみる事にした。

パソコン操作の画像



[ Homepage ]