アジア情報サービスは、アジアの政治・経済を中心に様々なトピックを取り扱っています。
インターネットの普及で、世界との距離は大いに縮まりました。
ビジネスチャンスはいくらでも転がっています。

メニュー一覧

















過払い請求の手続き

過払い請求を実際に行うときの、大まかな流れを紹介します。


○債権者に、これまでの取引履歴を書面で請求する

数年に渡る取引履歴を、きちんとした書面で送付して欲しい、
と文書や電話で要求します。この時点で要求に応えて貰えない場合もあるようです。


○取引履歴を元に引直計算をする

引直計算とは、元本を利息制限法で定められた、
金利で借りた場合の現在の債務額を計算して、
実際の債務との差額を明確にすることです。この計算によって、
過払い金が明確になります。


○債権者に返還要求を出す

引直計算によって過払い金が算出されれば、
あとは文書にて債権者に過払い金の払い戻しを要求します。


○債権者と話しあう

計算した過払い金を100%返還するのか、それとも一部だけなのか、
残りの債務はどのような計画でかかるのかを話し合います。
この時点で和解が成立すれば、過払い金請求は完了です。


○過払い金返還請求を起こす

和解が成立しない場合、裁判を起こす必要があります。この場合、
かなりの時間と裁判費用がかかることを覚悟剃る必要があります。


過払い請求が出来ないケースについて

過去に・・・
消費者金融から借入をしていた場合に期待できるのが、過払い請求です。

これはもし既に借金を返済済み、返済してから10年以内の場合であれば、
多く支払い過ぎた金利分を返還してもらえるといったものです。

今でこそ、、、貸金業者の利息に関しては規制が厳しくなり、
法外な利息で貸付出来なくなったが、以前は多くの消費者金融業者が
過払い請求の対象となるような利息で貸付していたというわけです。

ただ、全ての消費者金融がこの過払い請求に該当する業者、
というわけではありません。

それは貸付の利息が法外ではない業者も存在するからです。

中には過払い請求が難しい、
もしくは過払い金を多くは返還されない場合もあります。
よって、一概に過払い請求が出来るものではありません。

・・・とはいうものの、名の知れた消費者金融会社のほとんどが、
この過払い請求に該当するといってもよいでしょう。

もし過去に消費者金融から借入をしていた場合であれば、
過払い金があるかどうかを、弁護士・司法書士に相談してみましょう。



[ Homepage ]