アジア情報サービスは、アジアの政治・経済を中心に様々なトピックを取り扱っています。
インターネットの普及で、世界との距離は大いに縮まりました。
ビジネスチャンスはいくらでも転がっています。

メニュー一覧
















5分でアジアの今が分かる
新着情報!!
アジア情報サービス

アジアの政治、経済、
インフラ、芸能、観光、スポーツにフォーカスし、気になるトピックを抽出!

<アジア情報サービス>

1) Politics - 美しすぎる中国人スパイ

2) Economy - 中国とインドの経済成長

3) Infrastructure - 台湾高速鉄道に見る、日本の勝ちパターン

4) entertainment - KARA vs GIRLS' GENERATION

5) Sightseeing - 日本の観光リソースは?インバウンドとアウトバウンドの推移

6) Sports - マンU、パク・チソンの貴重な追加点ゴール!

-- HOTインフォメーション --

アジア 最新レポート
12 May 2011

海外オフショア開発から現地でのビジネス展開へ

東南アジア

ソフトウェアの開発を海外企業に委託することで
開発コストを削減するオフショア開発は定番化してきました。

現在はシンガポールなどのアジアの新興国にて
ビジネスを展開している企業が多いようです。

世界でも例のないスピードで少子高齢化が進んでいる日本では、
ほとんどの業種で、マーケットは縮小していく傾向にあります。

日本は、今後少子高齢化を迎えるであろう先進諸国に先んじて、
今後の経済活動の在り方を示さなければなりません。

新しいマーケットを切り開いていくことは容易ではありませんが、
同時にチャンスであると言えます。

今後を期待されるマーケットはアジア地域への進出です。
現地でのニーズを徹底的に洗い出し、日本の品質で
商品、サービスを売っていくことがもとめられます。

現在は自動車、白物家電などの製造業に限らず、
サービス業も進出しています。
また、企業の規模も特に関係がなく、
比較的小規模な企業もアジアへの進出を目指しています。

シンガポールはアジア地域におけるハブの役目を担っていること、
英語圏であることから、日本の多くの企業が
アジアへの進出拠点としています。



おすすめのサイト

最新情報特集