アジア情報サービスは、アジアの政治・経済を中心に様々なトピックを取り扱っています。
インターネットの普及で、世界との距離は大いに縮まりました。
ビジネスチャンスはいくらでも転がっています。

メニュー一覧

















アジアのエンタメ

KARA

韓国の5人女性歌手グループ。2007年のデビュー当時は4人組だったが、 翌年の2008年に1人がグループを脱退。その後2人が加入し、現在の5人となる。 2010年には日本デビューを果たし、以降日本でも歌番組、バラエティ番組、ドラマなどで活躍している。

少女時代

韓国の9人女性歌手グループ。2007年8月にデビュー。 少女時代という名前には文字通り、いままさに彼女たちの時代でるという意味が込められており、 期待の大きさがうかがえる。2010年8月日本デビュー。

最近話題になっているのが、日本でのKARA人気についてです。 というより、少女時代が伸び悩んでいることでしょうか。地元韓国では、少女時代の人気は 圧倒的なようで、日本での人気の逆転は韓国のファンの間、特に、少女時代のファンからすると、 不思議で仕方ないようです。少女時代はで完成された状態でデビューを果たしているようですが、 一方でKARAはメンバーの入れ替えなど、苦労が多いようです。日本でのプロモーション活動でも、 KARAは歌番組のみならず、バラエティ、ドラマなどに積極的に挑戦していて、 罰ゲームに青汁を飲むなど体を張った芸も披露して頑張っているのですが、 少女時代は歌番組が中心で、日本ではお茶の間には浸透していないのかもしれません。 しかしながら、少女時代の熱狂的なファンはいます。特に若い女性には圧倒的な人気がありますが、 男性層には弱いようです。洗練されたスタイルとパフォーマンスがあだとなったのかもしれませんが、 少女時代としても、韓国での成功を考えれば、日本での成功は間違いないと安易に考えてしまったことも 現状をまねいている原因の一つでしょう。KARAの日本での成功は、日本人受けするプロモーション活動を 地道に行ってきた結果だと思います。郷に入れば郷に従えということでしょう。



[ Homepage ]