アジア情報サービスは、アジアの政治・経済を中心に様々なトピックを取り扱っています。
インターネットの普及で、世界との距離は大いに縮まりました。
ビジネスチャンスはいくらでも転がっています。

メニュー一覧

















知的財産権の侵害

模倣品対策

もはや中国の御家芸となってしまった、海賊版製品の横行。 中国国民は何の悪気もないのかもしれないが、中国が法治国家として国際社会で台頭していくには、 法の整備は重要課題である。当然中国当局も模倣品防止の対策にのりだしはいるが、 今後中国でビジネスを展開していこうとする企業は、万全の模倣品対策が必要不可欠である。 模倣品を放置してしまうと、売り上げに直接生協が出ることはもちろんのこと、 粗悪な模倣品のクレームの対応に追われ、いずれはブランドイメージの失墜、 マーケットからの撤退を余儀なくされる可能性もある。

事前対策: 模倣品の防止に有効な権利化を行う必要があります。 対策として有効な権利とは何か、売りたい製品、サービスによって色々ありますので、 弁護士、弁理士などの専門家に相談することが必要です。

事後対策: 弁護士を通じて、警告状を送付したり、話し合いで解決策を探る自主的な措置があります。 他にも中国行政当局による摘発などの行政処分、民事訴訟などの裁判などが事後の対策として あげられますが、最良の対策は場合によりますので、しっかりとした検討が必要です。 また、大げさなようですが、中国行政当局と友好な関係を築くことも重要とされています。 例えば、中国では行政の協力を得た場合、感謝状を贈るのが一般的とされています。 現地の法律と習慣への理解が必要となります。

模倣品横行の背景: 中国の模倣品横行の背景のひとつとして、やはり貧困があげられる。 今となっては世界トップクラスの経済大国となったが、 国民の多くはまだまだ貧しい生活をしており、 貧富の差もかなり激しいということは周知の事実である。 こういった事情を改善するためには、 なるべく多くのものが定職に就き、 最低限の収入を安定的に得ることが課題となっている。 日本では転職エージェントというような、 仕事を斡旋するための業者がたくさんあるが、 中国にもこういった文化が根付いて来れば、 結果として模倣品・海賊版製品等の横行は減少していくのではないだろうか。



[ Homepage ]